きょうおとめ(いちごリキュール)日本酒リキュール

購入数
Soldout
平成19年、京都丹後京都丹後の竹野酒造杜氏行待佳平さんと栃木県宇都宮市でいちご園「ベリー・ファーム・ケイ」を経営する野口圭吾さんは出会った。
栃木県は、いちごの出荷量全国1位の産地で野口さんの「トチオトメ」は、その中でも高い評価を得ている。低農薬栽培で完全に熟してから出荷し、百貨店では24粒1万円で販売されているほどだ。

京都・丹後は、3年連続でコシヒカリの食味ランキング「特A」を獲得している。
山から流れる水は冷たく清らかで、冬は雪深く厳しい環境が美味しいお米を育てている。
行待さんは、ここで育てられたお米を使い、8種類の純米酒を醸造している。
この8種類の純米酒と野口さんのいちごとの相性を1年がかりで調べた。
その結果、地元の酒米「祝」で造られた純米酒「祝蔵舞」が野口さんのトチオトメをそのまま活かし、一番美味しいことがわかった。

この純米酒に使用される「祝」は、京都府丹後農業研究所が研究を重ねて生み出し、弥栄町野間地区の藤原薫さんらが栽培している。
この二つのこだわりが出会ったのだから美味しくないわけがない。
県境を越えて造られる最高の逸品を国も注目。

このほど「農商工等連携事業」の認定を受け、今春には上海で開催される商談会にも出品される。
 気になる味は、まろやかな味わいで、甘酸っぱいいちごの風味が漂うリキュールで、いちごの甘みと酸味が純米酒の力強さと出会い芳醇な仕上がりとなっている。
栃木のトチオトメと丹後の純米酒の至高のハーモニーを楽しんでいただきたい。
栃木と丹後は遠いが、それぞれの自然の恵みが出会い、味、香りともすばらしい酒が生まれた。

パッケージのこだわり
 「きょうおとめ」の清涼で、酸味のきいた旨みを伝えるラベル・パッケージデザインにもこだわった。
こだわりの京都祝純米酒を元に「伝統的であり、かつ物の匠を感じさせ、若い人にも見て味わってもらえる」をコンセプトにデザインを依頼。 いちごの赤と純米酒の力強さを表す黒を用い、地元京丹後市出身のデサイナーで(株)パッケージランドの代表取締役田中康夫さんに依頼した。田中さんは多くのパッケージデザインを手がけられ、ニューヨークパッケージデザインアワードグランプリを始め国内外で多くの受賞がある。
内容量 375ml
保存方法 開栓後は、冷蔵庫に保管してお早めに お飲みください。
調理方法 電子レンジで加熱
原材料 完熟いちご・弥栄鶴純米酒・
賞味期限 6ヶ月

商品一個につき送料がかかる設定になっています。詳しくは、メールでお問合せ下さい。
携帯からのクレジット決済はできません。
丹後ちりめん 丹後ちりめん 丹後魚 丹後ギフト 丹後農産物 丹後醸造品 丹後スイーツ